キャンプに思いを馳せる雨の休日

長雨が続いています。

ご近所の農家の方々は、ほんの一瞬雨が止むと、ポップコーンが弾けるかのように、わっと外に出て来て、草刈りをしています。

その、後期高齢者とは思えない俊敏な動きに驚懼しつつ、私も畑の様子を見に行こうかなと思い、よっこらしょと腰を上げるのですが、すぐに雨がポツリポツリと降り出す… そんな休日です。

雨続きで、趣味の登山にも行けません。

私が好きな山は青笹山(あおざさやま)です。

冬は、美しい富士山を眺めながらの稜線歩きが気持ちよく、人も少ないので最高です。
IMG_4709.jpeg
(頂上に続く登山道)

IMG_4708.jpeg
(ずっと富士山と一緒に歩けます)

IMG_4712.jpeg
(山では何を食べても美味しい!)

以前は子どもたちと山歩きを楽しんだのですが、最近は熱心に誘っても

「ママひとりで行ってきたら?」

と冷たい反応です。

それなら、キャンプはどう?と粘ってみるのですが、これには決して夫が同意しません。

「ここがキャンプ場みたいなものじゃん。庭でキャンプしたらどうなの?」

と冷淡な態度です。

「庭じゃおもしろくないし、冒険じゃないよ。こんなにそばに家があったら外でご飯とか作る意味ないじゃん!」

とごねてみるのですが

「うちってさ、朝、窓を開けると、キャンプ場の匂いがするから嫌だよね」

などと言っているので、一緒にキャンプを満喫する休日などは生涯望めないような気がします。

かといって料理係のいないキャンプなど、楽しさ半減…

ところが先日、川沿いを散歩していると、派手なテントやタープが張られていることに気づきました。

バーベキューのいい匂いがします。

こんなところでキャンプをする人がいるのか、珍しいなあ、と思っていると、なんとご近所の若夫婦でした。

「どうしたんですか、こんなところで!」

驚いて声をかけると

「うちの奥さんの出産が近くて、いつどうなるか分からないから、ここでキャンプしてるんだよね。」

と...

距離にして、ご自宅から100メートルほどでしょうか。

「近所でもキャンプって楽しいものですか」

恐る恐る尋ねると、意外にも

「ものすごく楽しいよ!自然の中で焚火してご飯食べて、テント張って寝るのは、どこでも楽しいよね。」

とのこと。

我が家も庭でキャンプをしてみようか…

ヤギの糞だらけなので、まずはその処理からですが。

しかし、夫も子どもたちも絶対に家の中で寝ると言い出すに違いありません。

となると、私は「たった一人で庭にテントを張って寝ている頭のおかしい人」になってしまうのではないかと危惧するばかりです。

◯ 2つのランキングに参加しています。
クリック(↓)していただけると、励みになります!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

この記事へのコメント